第8回KLANGの会(KLK2019) 2019年5月25日(土)〜26日(日)

 2018年5月25日(土)と5月26日(日)の2日間にわたり、第7回KLANGの会(KLK2017)を開催します。気楽でオープンな集まりですので、オーディオに興味のある方なら、どなたでも歓迎します。予約なしでもご参加いただけますが、小林のリスニングルームで行なうため、席がいっぱいになってしまうかもしれません。これまでは30人前後のご参加でした。1日目だけ、2日目だけでもOKです。昨年までの会の報告が、このページ下部のリンクにありますのでご覧ください。

昨年の会の様子 (第一部の新忠篤氏による講演と試聴)
昨年の会の様子 (第一部の新忠篤氏による講演と試聴)

1日目


【第一部前半】 13:00~14:00ごろ
新忠篤氏(再生装置)・常磐清氏(選曲と解説)
円柱型スピーカー4台を6L6GCシングル(オール・ファインメット・トランス)(ラジオ技術2019年6月号掲載)で鳴らしての、レコード芸術誌の録音評担当になった常盤清氏による「最新クラシック優秀録音を聴く」です。

【第一部後半】  14:00ごろ~15:00 桑原威夫氏
・カール・シューリヒト指揮ベルリン・フィルのベートーヴェン:「田園」交響曲(1943年6月録音)をかけます。大戦末期の録音です。再生装置は EUROPA KLARTON などです。

休憩 15:00~15:30

【第二部】 15:30~17:30 小林正信
「レアな装置をを聴く(クラングフィルムなどの装置)」
「オイロパ・クラルトンとフィールドのオイロダインを聴く」
・珍しいドイツのシステムをお聴かせします。これからレストアするので不確定ですが、デュオフォン、リッフェル・スピーカー、またはエックミラーの同軸スピーカーのうちいずれかの予定です(モノーラルです)。

宿泊施設へ移動(宿泊先はペンション・めいぷる)
【懇親会】 18:00~19:30

【第三部】 19:30~
「夜の試聴会」
・雑談をしながら、自由に持ち寄った機器を聴く楽しい会です。

2日目


【第四部の途中で、画期的な新スピーカーのデモを行ないます】
株式会社 ビームテック 代表取締役 菅沼忠雄氏
「エッジレス平面スピーカーNova2101」を聴く

【第四部】 9:00~15:00ごろまで
「自由な試聴会」
・持ち込んでいただいた自作アンプやスピーカー、会場にあるクラングフィルムの機器などを順番に聴きます。また、持参いただいたCDを会で使用した機器でお聴きいただけます。アナログプレーヤーはスペースの都合で撤去します。12時前後から1時間程度、近所のネパール料理レストランなどへ昼食に出かけます。

・参加費 1,000円
・宿泊先「ペンション・めいぷる」長野県上伊那郡宮田村4824-7 TEL:0265-85-5335
宿泊と懇親会:1万円程度、懇親会のみ:4千円程度
(懇親会後の夜の試聴会までご一緒され、他のホテルに宿泊される方もいらっしゃいます。相部屋が苦手な方は、そうされるのがお薦めです。)

※まだ詳細が決まっていないので、以上の内容は変更されるかもしれません。

運営者情報・お問い合わせ

有限会社キャリコ 〒399-4117 長野県駒ヶ根市赤穂497-634 TEL 0265-81-5707 道具商
長野県公安委員会許可第481250500003号

オーディオの歴史とクラングフィルム

クラングフィルムの歴史・スピーカー・アンプ ⇒
・レコードの始まりから書く オーディオの歴史 ⇒

KLANGFILM History (English) ⇒

DSDのダウンロード販売

 新忠篤氏の復刻によるDSD音楽ファイル「ダイレクト・トランスファー」のダウンロード販売を開始しました。最近は「ハイレゾ」という用語が流行りですが、広がりや艶やかさといった表面的な快感を求める方向に流れているように思われます。それとは正反対の圧倒的な実在感のある歴史的録音を、なるべく多くの人に聴いていただこうと、サーバーなどを間借りしてコストを抑え、さらに販売元のグッディーズさんに原価低減をお願いして1000円(税別)という低価格にしました。 ダウンロードサイト ⇒