第5回KLANGの会(KLK2017) 2017年5月27日(土)〜28日(日)

ヴィンテージの大型モノラルスピーカー(44010)を核にオイロダイン3台を加えたステレオ再生装置をデモしました。
ヴィンテージの大型モノラルスピーカー(44010)を核にオイロダイン3台を加えたステレオ再生装置をデモしました。

新忠篤氏と桑原氏によるボベスコのレコードコンサート。師であるブーシュリの物語なども紹介され、音楽情報面も充実していました。
新忠篤氏と桑原氏によるボベスコのレコードコンサート。師であるブーシュリの物語なども紹介され、音楽情報面も充実していました。

新忠篤氏によるフィリップス製大型直熱3極管4624(テレフンケンのRV258に類似)の単段パワーアンプ(奥の2台でモノラル構成)
新忠篤氏によるフィリップス製大型直熱3極管4624(テレフンケンのRV258に類似)の単段パワーアンプ(奥の2台でモノラル構成)

第三部(夜の部)で鳴らした参加者持ち込みの自作アンプ群(右手前にあるトランスも全て自作の後藤氏によるPX25ppパワーアンプなど)
第三部(夜の部)で鳴らした参加者持ち込みの自作アンプ群(右手前にあるトランスも全て自作の後藤氏によるPX25ppパワーアンプなど)

2日目に聴いたフルレンジスピーカーの一例で、フンクヴェルク・ライプツィッヒ製フィールド型10インチスピーカーを同軸化したもの
2日目に聴いたフルレンジスピーカーの一例で、フンクヴェルク・ライプツィッヒ製フィールド型10インチスピーカーを同軸化したもの


 2017年5月27日(土)と5月28日(日)の2日間にわたり、第6回KLANGの会(KLK2017)を開催します(しました)。初日は「松本オーディオ愛好会(武田会長)」の例会を兼ねて行ないますが、気楽でオープンな集まりですので、オーディオに興味のある方なら、どなたでも歓迎します。会場も広くなりました。

1日目


第一部 13:00~15:00 新忠篤氏
「ローラ・ボベスコの世界」
 数々のViの名曲を、新さん設計・製作の直熱三極管「31」アンプと小林正信所蔵の励磁型スピーカーでお届けします(オイロパ・ユニア・クラルトンとオイロダインを予定)

休憩 15:00~15:30

第二部 15:30~17:30 小林正信
「クラングフィルムの大型スピーカー4台によるステレオ実験」
 オイロパ・クラルトン44010を1台と励磁型オイロダイン3台を用いた大掛かりなステレオ再生実験をします。

宿泊施設の「ペンション・めいぷる」へ移動
・懇親会 18:00~19:30

第三部 20:00~22:00 武田会長
・単段直熱アンプ「205F」「101D」シングルなどによる気軽で・気まぐれなコンサートです。持ち込みアンプの試聴を歓迎します(大勢の皆さんの参加を期待します)。

2日目


歓談 9:00〜10:00
・お茶やコーヒーを飲みながら歓談

第四部 10:00〜11:30 小林正信
「フルレンジスピーカー聴き比べ」
・12インチを中心に、ドイツのフルレンジスピーカーの名品を聴き比べします。42006、SIEMENS純正革エッジモニター、シュルツO16などを予定しています。

昼食 近所のネパール料理レストランにて

第五部 13:00〜15:00
「会で使用した機器の自由試聴」
・いつもどおり、持参しただいたソースを会で使用した機器でお聴きいただけます。真空管やアンプ制作の相談、クラングフィルムを中心としたビンテージ機器についての情報交換なども行ないます。

以下の宿泊などは「松本オーディオ愛好会(武田会長)」がとりまとめていますが、クラング・クンスト(小林)にご連絡いただいてもけっこうです。駒ヶ根市内の別のホテルに宿泊される方もいます。

・参加費 1,000円(お茶菓子代)
・宿泊先「ペンション・めいぷる」長野県上伊那郡宮田村4824-7 TEL:0265-85-5335
宿泊と懇親会=1万円 懇親会のみ:3,500円

運営者情報・お問い合わせ

有限会社キャリコ 〒399-4117 長野県駒ヶ根市赤穂497-634 TEL 0265-81-5707 道具商
長野県公安委員会許可第481250500003号

オーディオの歴史とクラングフィルム

クラングフィルムの歴史・スピーカー・アンプ ⇒
・レコードの始まりから書く オーディオの歴史 ⇒

KLANGFILM History (English) ⇒

DSDのダウンロード販売

 新忠篤氏の復刻によるDSD音楽ファイル「ダイレクト・トランスファー」のダウンロード販売を開始しました。最近は「ハイレゾ」という用語が流行りですが、広がりや艶やかさといった表面的な快感を求める方向に流れているように思われます。それとは正反対の圧倒的な実在感のある歴史的録音を、なるべく多くの人に聴いていただこうと、サーバーなどを間借りしてコストを抑え、さらに販売元のグッディーズさんに原価低減をお願いして1000円(税別)という低価格にしました。 ダウンロードサイト ⇒