【第8話】大小のネットワークオーディオ機器

2015年12月
家電品らしく梱包されたHAP-Z1ES
家電品らしく梱包されたHAP-Z1ES

 今年の5月ごろ、久しぶりに新品の本格的なオーディオ製品を購入した。SONYのハードディスク内蔵ネットワークプレーヤーであるHAP-Z1ESのことだ。届いたダンボールはずっしりと重く、いかにも「高級家電品在中」という感じがした。なにしろヴィンテージオーディオにどっぷりなので、そういう立派な品物を電器店で買ったのは、3年前のシャープ製オーブンレンジ「ヘルシア」以来だ。毎年のように新品のUSB DACを購入してはいるが、それらは小さくて軽く、すぐにリスニングルームに山とある機器に埋もれて行方不明になるので、「買った」という感慨がわかない。それにひきかえ、オーディオコンポーネントの伝統である厚いアルミのフロントパネルをもつHAP-Z1ESは、なかなかの存在感だ。

伝統的な外観のHAP-Z1ES
伝統的な外観のHAP-Z1ES

 わたしは第二次大戦前後に作られたスピーカーを使用しているので、アナログ一辺倒かと思いきや、ソースが豊富なCDがほとんどだ。どんな高級なCDプレーヤーも、少なくともデジタルデータを読み出す部分においては、PlexWriter Premium2というCD-RWドライブでのリッピングよりも優れてはいないので、パソコンで音楽ファイルを再生してDACでアナログ信号に変換して聴くことにしている。ファイルの再生には、最近流行りのVolumioを「ラズベリーパイ(Raspberry Pi)」にインストールして使っている。「ラズベリーパイ」は、イギリスの「ラズベリー財団」が、「途上国も含めた世界中で、あまねくパソコンを使った教育が受けられるように」と、開発・供給している超小型パソコンである。「ラズベリーパイ」の本体はわずか50 gほどで、14.5 kg もあるHAP-Z1ESの1/300しかなく、存在感とか高級感とは無縁の機器だ。

Raspberry Pi2 Model B
Raspberry Pi2 Model B

 もうひとつ、HAP-Z1ESとほぼ同時期に購入したDACがある。やはりイギリスのiFi Audioのmicro iDSDだ。8万円弱という購入価格はHAP-Z1ESの半額以下だが、重さは300 g 弱しかないので、100 g 当たりの単価はmicro iDSDが20倍も高い。2000年に没した偉大なる実践的オーディオ評論家であった長岡鉄男氏の影響で、「とにかく重いオーディオ機器が優れている」と大勢が信じていた昔なら、「漬物石でも入っているのか?」と思うほど重いHAP-Z1ESが絶賛され、iDSDなど門前払いだったかもしれない。だが、ラズベリーパイに3TバイトのUSB外付けハードディスクを接続し、micro iDSDと組み合わせてネットワークプレーヤーを構成すると、わずか 1.3 kg で済むのにスペックではHAP-Z1ESを上回ってしまう。コンピューターに詳しい人だけが安くて高性能な機器の組み合わせ使えるという、オーディオ版デジタルディバイドといえるかもしれない。

比較項目SONY HAP-Z1ESmicro iDSD + Raspberry Pi 2 + 3T HDD
重さ14.5 kg1.3 kg
PCM最高クロック192 kHz384 kHz
DSD最高クロック5.6 MHz11.2 MHz
データ保存容量1T3T

ifiのmicro iDSD
ifiのmicro iDSD

 micro iDSDを購入したのは、最新スペックのDSD対応DACであることと、バッテリーで動作することだ。わたしが最初に買ったCDプレーヤーは、1980年代末ごろのパナソニックのポータブルタイプで、当時の据置型CDプレーヤーよりも音が自然に感じられたので選んだことを思い出し、「このmicro iDSDにも同じ良さがあれば」と期待した。PCMで 384 kHz、DSDで 11.2 MHzという高スペックは、活かす音源を持たないので無駄だが、バッテリー動作時の音質向上と「最新のチップを余計な付加回路を付けずにシンプルに使っている」という良さは、多くの優れたポータブル機器と同様にあると思う。

 我が家で好成績だったので、オイロダインを使っている知り合いなどに薦めたところ、何人かが購入した。もっと安いnano iDSDでも良いのでは、とそちらを買ってもらったところ、やはり44.1 kHzのCDデータ中心ではnanoと大差ないようで、結果的にスピーカーとの価格差100倍のシステムが成立してしまった。ハイレゾブームだが、膨大なCDと比較すれば圧倒的にハイレゾ音源は乏しく、あくまで統計的にだが、データ密度は高いものの演奏内容は低レートで、両者の積和はCDが上回る状態が当面続くと思われる。

重厚超大なHAP-Z1ESと軽薄短小なmicro iDSD
重厚超大なHAP-Z1ESと軽薄短小なmicro iDSD

 意外に思われるかもしれないが、HAP-Z1ESの厚みのある音よりも、micro iDSDの軽快な音のほうがオイロダインやオイロパといった、クラングフィルムのヴィンテージスピーカーにはマッチした。もちろん、わたしの個人的な印象にすぎない。スピーカーが十分に個性的なので、DACは素っ気ないくらいのほうがいいのかもしれない。それでも、両者を長時間聴いてみると、外観に現れているように音にも仕上げの差があって、HAP-Z1ESの方が好ましい部分も出てきた。たとえば、音のバリをより丁寧に面取りしてあるように感じる。

 じつは、HAP-Z1ESを購入したのは、新忠篤氏がプロデュースするDSDフォーマットで復刻された名録音の販売をお手伝いしていて、HAP-Z1ESユーザーからのクレームが多かったため、検証が必要になったからだ。「なーんだ、欲しくて買ったんじゃないんだ」ということになってしまうが、結果として悪い買い物ではなかったと思う。HAP-Z1ESのおかげで、自分の装置が偏りすぎていることを反省し、「DACだけでなく、スピーカーもベストセラー製品を試しに購入してみよう」と考えるようになった。苦手な音が多そうで最新スピーカーは気が進まないが、近いうちにB&Wでも試聴して修行する必要がありそうだ。

運営者情報・お問い合わせ

有限会社キャリコ 〒399-4117 長野県駒ヶ根市赤穂497-634 TEL 0265-81-5707 道具商
長野県公安委員会許可第481250500003号

オーディオの歴史とクラングフィルム

クラングフィルムの歴史・スピーカー・アンプ ⇒
・レコードの始まりから書く オーディオの歴史 ⇒

KLANGFILM History (English) ⇒

DSDのダウンロード販売

 新忠篤氏の復刻によるDSD音楽ファイル「ダイレクト・トランスファー」のダウンロード販売を開始しました。最近は「ハイレゾ」という用語が流行りですが、広がりや艶やかさといった表面的な快感を求める方向に流れているように思われます。それとは正反対の圧倒的な実在感のある歴史的録音を、なるべく多くの人に聴いていただこうと、サーバーなどを間借りしてコストを抑え、さらに販売元のグッディーズさんに原価低減をお願いして1000円(税別)という低価格にしました。 ダウンロードサイト ⇒